★1/48 サボイアS.21 製作【2】

Category : サボイアS.21
こんばんは〜


サボイアですが、
一応本体は完成しておりまして、
あとは豚のフィギュアを塗るだけという状態です。


とはいえ、いきなり完成画像というのもアレですので、
塗装の途中工程などをアップしますね(^^)


**


といいながら、台車はいきなり完成画像w

saboia_1112_1.jpg

ラッカーで基本塗装後に
エナメルでウォッシング、油彩でフィルタリングなどなどして完成。
なんか某ネズミの王国のセットみたいで可愛らしい感じw


で、本体の方ですが、まずはプロペラ。
1/48スケールということで
少しでも玩具っぽさを軽減するために木目を描き込んでみました。

saboia_1112_2.jpg

実は結構カンタンなんですが、文字で伝わるかどうか。。。

【1】ラッカーで基本塗装
【2】薄めた油彩で木目を実線で書き込み。(イラストっぽくベタっと線を引く)
【3】【2】で書いた線を綿棒でぼかし。(ほとんど見えなくなるくらい)
【4】油彩を薄めずに筆に取り、ドライブラシする時のようにティッシュ等で少し拭って、
   かすれるくらいの状態の筆で【3】の線をなぞる。(実際かすれた感じが出ちゃってOK)
【5】先の尖った綿棒の先端でサササッと部分的に【4】の線を消したり、のばしたりする。


というような感じです。
行き当たりばったりで作業したので、塗装途中の写真を撮ってなくてスミマセン。


次に赤い部分ですが、
ピカピカツルツルにしろというカミさんからの指令があり、
今回はウレタンクリアを使ってます。

銘柄はフィニッシャーズのGP1という「研ぎ出し出来る方」のやつです。

saboia_1112_3.jpg

GP2(研ぎ出しできない方)で一発勝負というのも
ちょっとコワいですし(実際、GP1だとホコリを噛んでも研いじゃえば平気)、
エッジとかがモッタリするのも嫌なのでGP1を選択しています。

saboia_1112_4.jpg

研ぎ出しですが、2000番のペーパーで磨いた後、
[クレオスのMr.コンパウンド「細目」→「極細」→ハセガワ セラミックコンパウンド]
という流れで磨いています。

と、何のトラブルもなさそうに書いてますが、
ウレタンとはいえ調子にのってペーパーかけてたら
エッジの赤まで研いじゃったりとか、まぁ、いろいろありました(^^;)

いつものことなので慌てず騒がずレタッチです。
(お陰さまでレタッチスキルは相当上がってると思いますw)



ちなみにエンジン部分はカバーが外せるのがデフォなのですが、
外してもあまり見所がないので最終的に接着しちゃいました。
また、細かい所ですが排気管は開口しています。
(自動的に側面のスリットも開口されて良い感じです。)

saboia_1112_5.jpg

いやぁ、このエンジン部分のデザイン、美しいなぁ(^^)
この機体で一番好きな部分です。



あと、全体がツルピカ赤一色だと、さすがに単調でつまらないので
布張りだろうと思われるフラップ等はつや消しにしてメリハリつけてます。

saboia_1112_6.jpg



最後に、箱絵や映画の画面キャプチャを眺めていたら
翼下からフロートにかけて張り線があるようでしたので、
ナイロンテグスで再現しました。

saboia_1112_7.jpg

まぁ、これも何度か失敗してやり直しましたw
(張った後にハンダゴテの熱であぶってテグスを収縮させて
 ピンと張るように調整するのですが、うっかり溶かしてやり直しとか。
 結構精神的にキツい失敗ですw)



というわけで、
あとは豚のフィギュアを塗れば全て完成ということになりますが、
ピカピカの赤なので撮影も難しそうな予感がバリバリです。

撮影含めもうひと頑張りしないといけない感じですので、
ギャラリーアップまでもう少しかかりそうです(^^;)



ではまた〜





スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Comment

いいですね〜、木目。思わず画像拡大して見ちゃいました(笑)
なんかの時には、この手順書に従って作業してみます(^^)
ウレタンクリアも未だ使ったことが
無いのですが…
とにかく、完成品ギャラリー楽しみにしています。

Re: タイトルなし


moge69さん

こんにちは〜!
コメントありがとうございます(^^)/

木目の書き方はその場の思いつき、
いわゆる「テキトー」ですのでw
話半分くらいで流してもらえると有り難いです〜

あと、ウレタン、
ラッカーよりも毒性が強いことを除けば、
研ぎ出しも神経使わずに済みますし、
化学反応で内部から固まるため
指紋やムラも乾く過程で消えていくので
扱いやすいと思います(^^)

フィニッシャーズのモノしか試してないですが、
ウレタンの上からラッカー塗料を塗り重ねたり、
つや消しコートしたりも大丈夫なので
うまく使えば効果絶大な気がしています(^^)

あ、moge69さん、ABお疲れさまでした!!!
僕も生物的表現やりたいです〜(^^)/

非公開コメント

プロフィール

YAS

Author:YAS
キャラクターモデルを中心に完成見本製作や依頼品製作、不定期ですが月刊モデルグラフィックス誌にて作例を製作させて頂いています。本業は東京にてグラフィックデザインの仕事をしています。

当ブログ内のテキスト・
画像の無断転載を禁じます。
Unauthorized reproduction of text and images of this blog is prohibited.


メッセージ

EIGHT通販サイト
EIGHT 

ランペイジ通販サイト
rampage

twitter
ギャラリーはこちらから
- NEW ! - roundfacer_zakk

bushman
F86 sabre
lynnMinmay
R-9
combatdoll
hasty
hasty
dougram desert type
ka-14
48 dougram
twin cannon
INSTEAD
ROUND FACER
CABAROV
CABAROV
GOUF SEAN CUSTUM
MS06S
MS06S
MAX DOUGRAM
DOUGRAM B
SAVOIA
BZ35S
BLOCKHEAD
MG MARASAI
bf 109f
hguc F2 ZAKU MINELAYER
MG F2 ZAKU
dopp_2

johnny_gelgoog
kestrel
kestrel
HGUC FZ ZAKU
HGUC FZ ZAKU
HGUC_F2ZAKU
minelayer
DOPP
SINANJU HEAD DISPLAY BASE
MS14C
MS06D
MS06S
MS06S
MS06S

リンクバナーはこちらをどうぞ。 Alternative Modeling Factory

マイ・オークションをごらんください
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク