シャアザク製作【13】~研ぎ出し~

Category : シャアザク
こんばんは~



ようやくデカールも貼り終えて、
もろもろオーバーコートも完了しました(^^)

(いや、もちろん途中いろいろあったんすよ。
 コートする直前に「はらりっ」とデカール剥がれたりとか...)



で、今回はそこそこな大きさのあるデカール
(たいたいそういうやつは、
 目立つ「面」にあるんですよね)については

「研ぎ出し」っちゅーのをやってみました。



前回の北アフリカザクでは、
マークソフターでなじませたデカールを
マットコートして、はい完了、
って感じだったんですが、

やっぱり角度によっては
デカールの厚みが気になっちゃうんですよね。



今回はきちんとそこを技術的にクリアしたいなと思いまして、
レッツチャレンジです(^^)


で、やり方ですが、
デカールの上に、た~っぷりと
クリアコートしちゃいます。
(あ、例によって中級以上の方はスルーでっ)


↓これくらい、こってりと載せましょう(^^)

シャアザク_0208_1


んで、よーく乾燥させてから、
表面にヤスリをあてるわけですが、



まぁ、ビビりますわなぁ。
塗装してデカールも貼ってあるわけですから。



でも、上の写真くらいしっかりクリア乗っけておけば大丈夫。
そんな簡単には塗装面までいかないっすから。
(いや、もちろん粗い番手のヤスリじゃダメよん)

おいらの場合は、
1200番と1500番のサンディングスティック
使って水研ぎしています。

(人によっては800番で一気にやっちゃう、
 みたいなことを書かれている方もいらっしゃいましたが、
 まぁ、初めてなんでちょっとずつ様子見ながら...)


*あ、私の持っている上記番手のサンディングスティックは
 粒度が変更される前のものです。
 今の粒度だったら1000番と1200番でOKじゃないかしら。



ここでのポイントは、

とにかく焦らず落ち着くこと

ですかね。


で、良い感じに面一になったら、
マットコートして完成です(^^)

シャアザク_0208_2

はい、これでワンランク上の
仕上がりになること間違いなしでございますよ、奥さん。


しかし、
これ、マット仕上げだから、
多少研ぎ出した面が粗くてもカバーできますけど、
光沢仕上げだったらそんなこと言ってられないから、
気が遠くなりますね...(^^;)

カーモデルとか作られるもデラーさんって
すげ~なぁ、と改めて感心しましたよ、マジで。




。。。で、シャアザクはというと、



ほぼ完成しました~(^^)

シャアザク_0208_3


あとは、一部にメタルパーツを取り付けたりとか、
小作業だけとなっておりますので、
近々仕上げたら、もうちょっとちゃんと撮影して
アップさせていただこうと思います(^^)


では、また~










スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おぉ~~「発射寸前」だなぁ!笑!!
研ぎ出しお疲れ!
本来は、ガンプラでも必要な工程なんですが、まぁ、人それぞれなんで、、、
ただ、ちゃんと仕上げてあるって大事だよね!!
よく、本を読んで頭だけで理解してる事を「知識」だと勘違いしちゃうケース多いでしょ?
それって、凄く危険だよね、、、、
こうして、苦労することで、人の苦労も理解できて初めて「技術」にリンクしたことになるんですが、こういう書き方を僕がしちゃうと、なにかと問題あるんで、普段はいえないんですが、、、
「概念」と「知識」をごっちゃにしちゃう人多いですよね、、、
だから、俺はYASが少し好きなのかも?!笑!!
まずは、手動かすのが基本だよね、、、、
あ!このとメタパ入れるの?穴モノとかって「研ぎ出し」しちゃうと径が変わっちゃう場合も多いけど、大丈夫かな?!笑!!
ゴールは直前!頑張れYAS!オイラも頑張るぜ!!

Re: No title

n兄さん

コメント有り難うございます!

はい、もう発射寸前です~
(というか、ちょっと出ちゃってます^^)

兄さんがおっしゃる
「概念」と「知識」と「技術」のお話、
ホント身につまされるものがあります。

今はネットという便利なツールがあって、
たくさんの良質な製作記もゴロゴロあって、
サーフィンしていれば
なんとなく分かった気になっちゃいます。

でも、実際は、見る(読む)のと
やってみるのとでは全然違うんですよね(^^;)

やっぱり「技術」というのは
体験して得られるものだとことを
痛感しました~(^^)

なので、毎回新しいキットに取り組む時には、
今までやっていなかった工作を
何かしら一つは取り入れてチャレンジして
いきたいと思っています!

時間はかかるかもしれませんが、
コツコツやっていきたいと思いますので、
今後ともよろしくお願いします!!

P.S.
穴モノの径のご指摘有り難うございます!
今回は幸い研ぎ出し箇所に穴モノがなかったので難を逃れました~
確かにクリアの塗膜の厚みで径が狭くなりますものね。
(しかも、無理やり突っ込んだら塗膜が割れそうですね...)
次作以降気をつけて作業します!(^^)





> おぉ~~「発射寸前」だなぁ!笑!!
> 研ぎ出しお疲れ!
> 本来は、ガンプラでも必要な工程なんですが、まぁ、人それぞれなんで、、、
> ただ、ちゃんと仕上げてあるって大事だよね!!
> よく、本を読んで頭だけで理解してる事を「知識」だと勘違いしちゃうケース多いでしょ?
> それって、凄く危険だよね、、、、
> こうして、苦労することで、人の苦労も理解できて初めて「技術」にリンクしたことになるんですが、こういう書き方を僕がしちゃうと、なにかと問題あるんで、普段はいえないんですが、、、
> 「概念」と「知識」をごっちゃにしちゃう人多いですよね、、、
> だから、俺はYASが少し好きなのかも?!笑!!
> まずは、手動かすのが基本だよね、、、、
> あ!このとメタパ入れるの?穴モノとかって「研ぎ出し」しちゃうと径が変わっちゃう場合も多いけど、大丈夫かな?!笑!!
> ゴールは直前!頑張れYAS!オイラも頑張るぜ!!
非公開コメント

プロフィール

YAS

Author:YAS
キャラクターモデルを中心に完成見本製作や依頼品製作、不定期ですが月刊モデルグラフィックス誌にて作例を製作させて頂いています。本業は東京にてグラフィックデザインの仕事をしています。

当ブログ内のテキスト・
画像の無断転載を禁じます。
Unauthorized reproduction of text and images of this blog is prohibited.


メッセージ

EIGHT通販サイト
EIGHT 

ランペイジ通販サイト
rampage

twitter
ギャラリーはこちらから
- NEW ! - roundfacer_zakk

bushman
F86 sabre
lynnMinmay
R-9
combatdoll
hasty
hasty
dougram desert type
ka-14
48 dougram
twin cannon
INSTEAD
ROUND FACER
CABAROV
CABAROV
GOUF SEAN CUSTUM
MS06S
MS06S
MAX DOUGRAM
DOUGRAM B
SAVOIA
BZ35S
BLOCKHEAD
MG MARASAI
bf 109f
hguc F2 ZAKU MINELAYER
MG F2 ZAKU
dopp_2

johnny_gelgoog
kestrel
kestrel
HGUC FZ ZAKU
HGUC FZ ZAKU
HGUC_F2ZAKU
minelayer
DOPP
SINANJU HEAD DISPLAY BASE
MS14C
MS06D
MS06S
MS06S
MS06S

リンクバナーはこちらをどうぞ。 Alternative Modeling Factory

マイ・オークションをごらんください
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク